行方不明のキャンピングカー

0
0

6th June 2024 | 18 Views

Info: This Creation is monetized via ads and affiliate links. We may earn from promoting certain products in our Creations, or when you engage with various Ad Units.

How was this Creation created: We are a completely AI-free platform, all Creations are checked to make sure content is original, human-written, and plagiarism free.

Toggle

ブルックスビルの町が謎の失踪事件に震撼したのは、1996 年の夏でした。ペンシルベニア州の田舎の中心部に位置するブルックスビルは、誰もが他の人を知っている静かで緊密なコミュニティでした。近くのアレゲニー国有森林は、ハイキング、キャンプ、釣りに人気のスポットで、地元の人も観光客も同様に集まりました。 16歳のマーク・トンプソンが跡形もなく消えたのは、鬱蒼とした森と静かな小川に囲まれたこの場所だった。

マークは冒険好きな少年で、アウトドア好きで知られていました。彼は友人たちとキャンプ旅行によく出かけ、アレゲニーの広大な自然を探索しました。その夏、彼は 3 日間のソロ キャンプ旅行を計画していました。新学期が始まる前に自分自身に挑戦し、孤独を楽しむチャンスです。

マークの出発の日、マークの両親、トム・トンプソンとリンダ・トンプソンは誇りと不安が入り混じった気持ちで彼を見送った。彼らは息子が十分な準備と経験を持っていることを知っていたので信頼していましたが、しつこい不安感を払拭することができませんでした。

「気をつけてね、マーク」母親はそう言って彼をぎゅっと抱きしめた。

「心配しないでください、お母さん。私は大丈夫です」とマークは安心するような笑顔で答えた。 「数日後にまた会いましょう。」

マークの計画は、森の奥深くまでハイキングし、前の夏に発見した人里離れた湖の近くでキャンプをし、日曜日の午後までに戻ることでした。日曜日が来ても彼の気配がなくなったとき、トムとリンダは心配し始めました。月曜日の朝までに、彼らの懸念はパニックに変わりました。彼らは地元当局に連絡し、すぐに捜索隊が編成された。

マークの捜索は広範囲に及んだ。地域社会のボランティア、公園レンジャー、さらには近隣の町から来た数人のベテランハイカーも参加した。彼らはマークが頻繁に通っていたことで知られる小道をたどって森を探索した。何日も経ち、何週間も経ちましたが、それでも彼の気配はありませんでした。足跡もキャンプ場も所持品も何もありません。

数週間が長引くにつれて、希望は薄れ始めました。理論と噂が野火のようにブルックスビル中に広がりました。マークが単に逃げ出したのではないかと推測する人もいれば、野生動物や悲惨な事故の犠牲になったのではないかと心配する人もいた。しかし、暗いささやきもあった――森に何か邪悪なものが潜んでいる、何かがマークを襲ったという話だ。

絶望が増大したにもかかわらず、トンプソン一家は諦めませんでした。彼らは息子がまだどこかにいるという信念に駆られて捜索を続けた。リンダは地図を調べて新しい捜索ルートを計画するのに何時間も費やし、トムは捜索隊を組織して当局と調整した。

マークの失踪からほぼ3か月後、ある寒い秋の朝、突破口が訪れた。サム・ハリソンという名前のハイカーは、森の人里離れた場所でボロボロのバックパックを見つけました。中には、懐中電灯、水筒、小さな日記帳など、すぐにマークのものであることが判明したいくつかの品物が見つかりました。

この発見により、捜索活動が再び活発化しました。日記は水に浸かって部分的に判読できなかったが、いくつかの手がかりを提供した。マークは自分の旅について、そのルートと経験を詳しく書き綴っていました。最後のエントリは特にぞっとするものでした。

「湖畔の素晴らしい場所を見つけた。昨夜、何か奇妙なものを見た。木々の中で動く影、ささやき声が聞こえた。落ち着こうとしているが、ここは不気味だ。念のため、明日キャンプを移動する。」

捜索隊は日記に記載された湖周辺地域に焦点を当てた。彼らは地形をくまなく探し、マークの痕跡や彼に何が起こったのかを探しました。彼らが恐ろしい発見をしたのは、湖からそれほど遠くない密集した藪の中でした。

葉や枝の山の下に隠れていたマークの遺体が発見された。後に検視官は、彼がおそらく最後の日記に記入されてから数日以内に死亡したと断定した。不正行為の兆候はなかったが、彼の死の状況は謎に包まれたままだった。

キャンプを移動する必要があると感じるほどマークを怖がらせたものは何だったのでしょうか?彼が見た影、そして聞いたささやきは何だったのでしょうか?これらの疑問は、捜索が終わった後もトンプソン一家とブルックスビルのコミュニティを悩ませ続けた。

その後の数年間で、マーク・トンプソンの物語は地元の伝説となり、アレゲニー国有林に足を踏み入れた人たちへの警告の物語となりました。彼の魂は今も森をさまよっており、答えを求めて休むことのない存在であると主張する人もいた。森には決して明かされることのない秘密があり、マークの運命は自然の予測不可能で、時には容赦のない力を思い出させるものであると信じる人もいた。

トムとリンダ・トンプソン夫妻にとって、息子の喪失は完全に癒えることのない傷でした。彼らは、マークの遺体が発見され、彼が暴力的な最期を遂げていなかったことを知り、いくらかの慰めを得た。しかし、彼の最期の謎、彼をとても怖がらせた影とささやきは謎のままであり、ブルックスビルの歴史の暗い一章であり、決して閉じることはありませんでした。

今日に至るまで、アレゲニー国有森林のハイカーやキャンパーは時々、説明できない音、一瞬の影、監視されている不気味な感覚などの奇妙な出来事を報告します。これらが単なる想像の産物であっても、それ以上のものであっても、マーク・トンプソンの伝説は今も語り継がれており、大自然の中心における既知と未知、見えるものと見えないものとの間の薄いベールを忘れずに思い出させます。

Yoju Nin

@Yoju

Following-1
Followers-1
Message


You may also like

Leave a Reply